洗顔石鹸ガスール特徴って?

ガスールというのは、モロッコ産の天然の粘土(クレイ)のことです。
モロッコだけではなく、チュニジアなど北部アフリカや中東地域でも、古くからガスールを石鹸のかわりに使用してきました。
今でもモロッコの女性たちは、ガスールを全身の洗浄や美容のためなどに使っているそうです。
アトラス山脈の麓にある鉱山で産出されたガスールの原石を、まずは強い日光の下で乾燥させます。
ガスールの原石は一度乾燥させてひび割れさせないと、そのままでは水に溶けてくれない密度の高い原石なのです。
時間をかけてよく乾燥させることで、よりなめらかな使い心地になっていくのです。
次に、その原石をおよそ一日かけてゆっくりと地下水に溶かします。
最後に、純度の高いなめらかなガスール溶液を再び乾燥させます。
そうやってでき上がったものが、乾燥状態のガスールです。
乾燥状態のものをそのまま保存しますので、保存料なども必要なく、添加物などは一切加えられていません。
まぎれもなく天然成分100%の粘土なのです。
通常、純粋にガスールとして販売されているものには、粉末状のものと固形タイプのものがあります。
いずれも適量の水で溶いて、粘土状にしてから使います。
顔はもちろん、髪や頭皮、からだまで全身洗える天然の洗浄粘土になります。
粘土状のガスールは、細かい粒子が汚れを吸着することで、高い洗浄力が得られるとされています。
余分な添加物を加えていないから、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使えるとされています。
ガスールの使い方は、顔・髪・からだ、いずれの場合も同じで、まずはガスールを粘土状にします。
ガスールの2倍程度の水を加え3分ほどすると、たっぷり水を含んでふくらんできます。
やわらかさを調整して、顔・髪・からだに塗ってやさしくなじませから洗い流すだけ。
全身やさしくおだやかに洗い上げてくれます。
また、顔・髪・からだになじませたあと、5?ガスールだけで、全身の洗浄からパックまで行えるのです。
http://www.sengan-soap-osusume.com/