クレジットカードは日本国内でどのくらい広まってる?

現在日本国内では、たくさんのクレジットカードが普及しています。
労働人口が国内で7000万人~8000万人だとすると、1人当たり4枚はクレジットカードを持っているということになるのです。
クレジットカードを持っていない人は、少数派といってもいいでしょう。
クレジットカードを所持していないという人は、理由でが何かあるのでしょうか。
クレジットカードは特別な人が持つものだなど、日本国内だけでも様々な考え方を持つ人もいるようです。
適切に管理し、使っている限りは、クレジットカードは怖いものではないといえるでしょう。
店がクレジットカード加盟店であることを、クレジットカードを使う時は確認する必要があるでしょう。
クレジットカードが、国内のお店だからといって全て使えるとは限らないようです。
店先やレジ周辺に、クレジットカードに関連するステッカーが貼ってあれば加盟店です。
国内で使用する場合には、お金を払う時に現金を出す代わりにクレジットカードを提示しクレジットカード払いでお願いしますと言うだけです。