新生銀行の住宅ローンを組むには?

新生銀行の住宅ローンを長年組んでいると、多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。

新生銀行の住宅ローン借り換えのデメリットとは?